読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きずなネタバレ【14年前の秘密からまさかの大きな事件へ】

14年前から始まっていた秘密を守るには殺人も仕方ない!?

きずな 1巻ネタバレ【14年前の秘密って何】

きずなネタバレ

f:id:minatoumarisa:20170407160704j:plain

 著作・作者  ももち麗子

 

 

 

きずな 1巻

  

 

第1話 14年前の手紙

 

主人公  夏波は

父・母・祖母・弟の5人家族

 

 

夏波は少し世の中を甘くみている

ところがあり

 

 

学校の貸し出し用の制服を

売って

お金にかえていたりする。

 

 

ある日

夏波のカバン

知らない男の携帯が入っていた。

 

 

その携帯は

キモチ悪い男の携帯で

それが

きっかけで付きまとわれてしまう。

 

 

ある日

友達と一緒に

そのキモチ悪い男を

警察に捕まるように

仕向けた。

 

 

そのやり方を知った

イケメン弟の冬馬が言った

ひと言が

 

 

「姉貴、いつか刺されるぞ」

 

 

ここから

話しが展開していく

 

 

家にいた夏波が

家の電話に出たとき

 

 

「あれですべて済んだと思うなよ

一生つきまとってやる」

 

 

夏波は

キモチ悪い男からの電話だと思っている

 

 

家に石を投げられたり

玄関に

動物の屍骸を置かれたり

していた。

 

 

「オレが話つけてきてやるよ」

と言っていた冬馬が

刺される!!!

 

 

冬馬に輸血をしなければならなくなり

B型だと言っていた

お父さんがA型

 

 

この血液型のウソに

秘密があった。

 

 

家に戻った夏波は

おばあちゃん宛の手紙を見てしまう。

 

 

「冬馬くんが流した血は何色だったかな

14年前の秘密を知っている者が

存在しているという事を忘れていないだろうね」

と書いてあった。

 

 

 

第2話 家族の血液型

 

手紙を送ったのは

あのキモチ悪い男だと思っていたが

 

 

あの日からずっと勾留されている

と知り夏波は愕然となる。

 

 

あの手紙は誰が!!!

 

 

おばあちゃんには

14年前

裏で金貸し屋をしていた

過去があった。

 

 

そして

酷い取り立てをして

人が一人

死んでいたことが分かる!!

 

 

冬馬の病室で輸血の話しを

していたとき

家族全員がA型で

冬馬だけがB型ということに

疑問が

 

 

夏波はおばあちゃんのことと

血液型のことで

頭が混乱していた。

 

 

冬馬は本当の弟ではないのか!!!

 

 

第3話 おばあちゃんの決断

 

おばあちゃんは

手紙の男から電話を受けていた。

 

 

「もう一度

14年前の話しをしようか」と

呼び出されて

 

 

家族に内緒で

待ち合わせの場所に向かっていた。

 

 

「秘密をバラされたくなかったら

500万持ってこい」と

要求されていたが

 

 

お金は持っていかず

「これ以上何かしようものなら

あんたを殺して私も死ぬ」と

はさみを突き付けてたんかをきった。

 

 

おばあちゃんには

冬馬を刺したヤツが

この男だと分かっていた。

 

 

おばあちゃんは

その帰り道

車にはねられてしまう

 

 

出くわした夏波に

「アレを渡しちゃダメだ」

と言って

息をひきとる

 

 

数日経って

物音がしたおばあちゃんの

部屋に行ってみると

 

 

部屋を荒らしている男が!!!

 

 

第4話 わたしの知らない父の顔

 

男は

おばあちゃんの言っていた

「アレを渡しちゃダメだ」の

アレを探していたのか?

アレってなに?

 

 

冬馬の病室に

「14年前、名古屋に

住んでいたよね」と聞いたり

急に頭を調べたりする

白衣を着た変な男がいた。

 

 

変な男の話しを聞いた

夏波は名古屋に何か

秘密があると

 

 

住民票を取り寄せ

名古屋に住んでいたころの

マンションを探しあてた。

 

 

隣に住んでいた人が

そのころから

住んでいた人で

 

 

「冬馬くん3階の

ベランダから落っこちて大けがしたのよ」

 

 

「頭から血を流していた」ことを

教えてくれた。

 

 

夏波は

冬馬が腕にやけどしたことは

知っていたが

頭のことは知らなかったから

何が何だか、、、

 

 

そのとき

陶芸のお店で

お父さんと同じ名前を

偶然見つけて

 

 

そこで

お父さんは

陶芸家だったことを知る

 

 

窯まで持っていたと聞き

お父さんの窯まで

行ってみることにした。

 

 

窯の中に入って

そこで見つけたものは

 

 

人の骨だった!!!

 

 

 

 

これできずなの1巻は終わりです。

私は次から次へと起こる事件に

ドキドキしながら読んでいました。

ウソから始まった秘密を探って夏波は人の骨を見つけてしまう!!

 

 

 

→まんが王国はこちら

 

きずなを検索してみてください。