読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きずなネタバレ【14年前の秘密からまさかの大きな事件へ】

14年前から始まっていた秘密を守るには殺人も仕方ない!?

きずな 2巻ネタバレ【お父さんは殺人犯人?】

きずなネタバレ

f:id:minatoumarisa:20170407160704j:plain

著作・作者  ももち麗子

 

 

きずな 2巻

 

 

 第1巻のあらすじ

 

夏波は世の中を甘くみて、制服を売ってお金にかえていたりした高校だった。

家にいた夏波が出た電話に「あれで済んだと思うなよ。一生つきまとってやる」

この電話からいろいろな事件が始まった。

弟の冬馬が刺され、お父さんの血液型のウソから14年前の秘密が段々と明るみになってくる。

14年前の秘密をにぎっているおばあちゃんが、男と話しをつけに行った帰りに交通事故のひき逃げで息を引き取った。

息を引き取る前に言った「アレを渡しちゃだめだ」でアレとは何なのか?

昔、住んでいた名古屋に行き、お父さんが窯まで持っていた陶芸家だと知って

お父さんの窯に入り、そこで見つけたのが人の骨!!だった。

 

 

 

第5話  14年前の真実

 

14年前

この窯で誰かが焼かれたんだ

 

 

その事実を知った夏波は

お父さんに

不信感を抱く

 

 

夏波は

14年前、冬馬が転落したときの

病院で

ナースをしていた人を探し当て

その当時のことを聞き

冬馬の手術をした

先生の名前を教えてもらった

 

 

その先生がこれから

大きくかかわってくる

 

 

 

家の電話を切った

お父さんの態度がおかしい

と気付いた夏波は

 

 

お父さんがメモした

筆圧から

どこで会うのか分かった

 

 

当時のナースの人から

先生の写真をメールでもらっていた

夏波は

その場所に来た人が

 

 

14年前の医師

鈴木重三

 

 

だったことに驚いた!!!

 

 

「あの子は

あの日死んだんだ

ワタシは死亡診断書

出したよね」

 

 

本当の弟

冬馬は

死んでいた!!

 

 

お父さんは

鈴木医師に脅され

200万を渡していた

 

 

その夜

お父さんは

「酔っぱらって転んじゃってね」と

汚れた服を拭いていた

 

 

翌朝のニュースで

マンションの敷地内で

頭から血を流して

死亡していた男性

 

 

鈴木重三が発見された!!!

 

 

 

第6話  14年前の真実 その2

 

夏波の頭には

お父さんが殺したの!?に

 

 

家に

警察がきて

お父さんは連れて行かれた

 

 

お父さんが鈴木と会っていたこと

銀行の前でもめていたこと

銀行のATMで200万をおろしていたこと

14年前に鈴木と同じ名古屋に住んでいたこと

 

 

全て調べあげられていた

 

 

だが

行きつけの店で

飲んでいたことが証明され

釈放に

 

 

夏波は

自分の中で釈然としないものがあり

お父さんを信じられなくなっていた

 

 

お父さんを信じられるように

14年前のことを調べ始めていたら

 

 

14年前の新聞に

”名古屋で夫婦殺される

生後10か月の男児、姿消える”

の記事が

 

 

男児の特徴が

腕にやけどのあと

 

 

冬馬の腕にも

同じやけどのあとがある

 

 

14年前の秘密って

お父さんが殺人犯で

冬馬を誘拐したことなの?

 

 

そんなとき

おばあちゃんが息を引き取る前に

「桐の木の下」という言葉を

思い出し

 

 

庭の木の下を

掘ってみた

 

 

カンの箱が埋められて

その中におもちゃと

健康保険証が

 

 

名古屋で殺されてた

夫婦の名前と

男児の名前が

記載されていた

 

 

第7話  お父さんの告白

 

健康保険証が出てきたことで

ますます

お父さんが殺人犯だという

疑惑が

 

 

部屋から出てこない

夏波と

お父さんは話しがしたい

と言ったが

 

 

「お父さんの声も聴きたくない」

とつっぱねる

 

 

興奮している

夏波の部屋を無理やり入り

口をふさいで

「お母さんは知らない」

 

 

夏波は話しを聞くことにした

 

 

14年前

本当の弟冬馬は

ベランダから落ちて

頭を強く打ち

亡くなった

 

 

だが

お母さんは

亡くなったことを

認めず

亡骸をあやしたり

ごはんを作ったり

 

 

12月25日

お父さんが何時間も

さまよい歩いていたとき

 

 

教会から

赤ちゃんの泣き声が

 

 

その赤ちゃんを

連れて帰ったら

お母さんは

冬馬だと思い込み

 

 

お父さんは

本当の弟の亡骸を

自分の窯で、、、

 

 

その後

逃げるように

名古屋を出て

東京に向かった

 

 

お母さんは

今も

記憶が抜け落ちてままで

今の冬馬を

自分が産んだ子供だと

思い込んでいる

 

 

その話しを聞いても

まだ

夏波は

「冬馬の両親を殺したのはお父さんでしょ!?」

と疑っていた

 

 

第8話  おばあちゃんの思い

 

おばあちゃんが亡くなる前に

親しい友人に

手紙を送っていた

 

 

その中に

夏波宛の手紙が

 

 

14年前

何があったか

真実を包み隠さず話そう

とあった

 

 

お父さんが

今の冬馬を連れて帰ってきたこと

 

 

本当の冬馬を

焼いて

骨にして帰ってきたこと

 

 

おもちゃと

健康保険証のこと

 

 

そして

これまでの

いきさつが書かれてあった

 

 

 

 

引っ越しをして

3か月後

「おめーんとこの

息子がなにやったか

オレ知ってる!!

バラされたくなけりゃ

500万持ってこい」

と脅迫電話を受けていたこと

 

 

2度目の脅迫のとき

今の冬馬が持っていた

おもちゃに

血の指紋がついていたことを

話して

 

 

「こっちだって知ってるんだ

夫婦をころしたのは

あんただってこと」

 

 

それっきり脅迫電話は

かかってこない

 

 

おばあちゃんが言っていた

アレとは

おもちゃと健康保険証のこと?

 

 

おばあちゃんの手紙には

自分の判断で

行く道を選択しなさい

 

 

仏壇に死んだ弟の骨が、、、

毎日手をあわせること

で終わっていた

 

 

お父さんへの誤解も解け

平穏な暮らしが戻ったとき

 

 

「鈴木が死んだからといって

一息ついている場合じゃ

ないですよ」

と書いてある手紙が!!!

 

 

 

 

これで きずな2巻 は終わりです

 

父を殺人者じゃないかと疑う恐怖感、14年前の真実が次から次へと

ドキドキしながら読みました

 

 

→まんが王国はこちら

 

 

きずな を検索